ダイヤモンドの値段が高い理由について解説。今後は価格高騰する?

鑑定・鑑別リフォーム・リメイクジュエリーの知識

数えきれないほど種類がある宝石の中でも、ダイヤモンドは特に値段が高い宝石として知られています。今回は、ダイヤモンドの値段が高い理由を解説。今後のダイヤモンド価格相場が高騰するかについても解説しますので、是非参考にしてください。

ダイヤモンドの値段はなぜ高い?

地球上にはたくさんの種類の宝石が存在していますが、そのなかでもダイヤモンドは特に値段が高い宝石として知られています。

たとえば、ダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪では10万円以上の価格帯のものがほとんどで、ハイブランドなど高いものは数百万円以上するものも珍しくありません。

なぜ、ダイヤモンドはこれほどまでに値段が高い宝石なのでしょうか。

実は、ダイヤモンドの値段が高くなる要因としては、経済や国際情勢などが挙げられます。

今回は、ダイヤモンドの値段が高くなる理由と、今後のダイヤモンド価格について解説いたします。

ダイヤモンドの価格を決める4つのポイント

1万円以下のお手頃価格なものから、何百万円以上もする高級品まで値段が非常に幅広いダイヤモンドジュエリーですが、一体、どのような基準で価格がつけられているのでしょうか?

ダイヤモンドの価格は、主に以下の4つのポイントから決定されています。

4C

ブランド

市場の需要と産出量のバランス

外国為替相場

ダイヤモンドの4C

4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する国際的な基準です。

4Cはダイヤモンドのジュエリーを購入した際に付属している鑑定書で確認することができます。

※一部のダイヤモンドジュエリーには鑑定書が付属しないこともあります。

ダイヤモンドの4Cは以下の4項目で構成されています。

カラット(Carat)

カラー(Color)

クラリティ(Clarity)

カット(Cut)

カラットの項目はダイヤモンドの重さ(大きさ)を評価します。カラーはダイヤモンドの色味を、クラリティは透明度を評価します。

カットの項目については、ラウンドブリリアントカットを施されたダイヤモンドのみ評価されます。

4項目それぞれに細かいグレードが定められており、ランクの高いダイヤモンドは高い価格で取引されることが多いです。

ジュエリーブランド

ダイヤモンドのジュエリーを見比べていると、似たデザインでもブランドによって価格に差があることに気付く方も多いのではないでしょうか。

実は、高級ジュエリーブランドで取り扱われているダイヤモンドは、4Cが同じグレードでも輝きや美しさがまったく異なります。

さらに、ハイブランドのジュエリーはジュエリーそのものに芸術的な価値があるものも少なくありません。

これらの理由などから、ハイブランドのダイヤモンドジュエリーは価格が高くなる傾向があるのです。

需要と供給のバランス

ダイヤモンドもその他の商品と同様に、需要と供給のバランスによって価格が決定されます。

ダイヤモンドが欲しい人が増える(需要増加)と相場が上がり、一方でダイヤモンドの産出量が増える(供給増加)と相場が下がります。

通常であれば、ダイヤモンドもガソリンのように市場の動向に合わせて産出量が調整されます。

しかし、国際情勢によっては価格が上昇するケースもあります。

外国為替相場

日本で採掘できないダイヤモンドは、すべてが外国から輸入される輸入品です。

そのため、日本におけるダイヤモンドの価格には外国為替相場が大きく関わってきます。

同じダイヤモンドでも、為替相場の変動によって価格が大幅に変わることも。

USドルの価値が高になれば、ダイヤモンドは高くなってしまいます。

一方、円高になればダイヤモンドは安くなります。

COCON

COCONは、眠っていたジュエリー・宝石に新しい目覚めの時をさずけるためのリフォームジュエリーブランド。デザイン提案・お見積りは2回まで無料。オンラインで全国どこからでも熟練デザイナーと相談できます。商品の配送・検査・製作、そしてお届けまで、責任を持ってご対応いたします。オーダーメイドや修理も可能な通販サイトです。

cocon-jewelry.com

今後のダイヤモンド価格相場は高騰する!?

ダイヤモンドの今後の価格相場は、高騰する可能性があります

ダイヤモンドの価格相場高騰には様々な要因がありますが、主な理由としては以下の3つが挙げられます。

世界的なコロナ禍とその後の経済回復

ロシアによるウクライナ侵攻

外国為替相場の円安ドル高

理由①:コロナ後の経済の回復

今後のダイヤモンドの価格相場に最も影響しやすいのが、2020年から現在まで続く新型コロナウィルスの世界的な流行です。

コロナ禍の影響でダイヤモンドの需要が急激に減少したため、2020年以降の宝石業界は大打撃を受けてしまいました。

2022年以降は経済の回復に伴いダイヤモンドの需要も少しずつ増加していますが、それに伴い、ダイヤモンド原石の価格相場が急上昇。

今後、新型コロナウィルスが完全に終息すれば、ダイヤモンドの価格相場は<strong>ますます高騰する可能性があります。

理由②:ロシアによるウクライナ侵攻

コロナ禍の世界的な終息とともにダイヤモンドの価格相場に影響しているのが、ロシアによるウクライナ侵攻です。

実は、ロシアはダイヤモンドの産出量世界1位を誇るダイヤモンド大国。

世界で産出されるダイヤモンドの約30%はロシア産が占めているのです。

現在、EUによるロシアへの経済制裁対象にダイヤモンドは含まれていませんが、今後ロシア産ダイヤモンドが輸入禁止となれば、ダイヤモンドの価格相場はさらに高騰する可能性があります。

理由③:数十年ぶりとなる円安ドル高

2022年以降、外国為替市場が数十年ぶりとなる円安ドル高を記録したことで、食料品など身の回りの様々な商品が値上げされてきました。

値上げの影響は、ダイヤモンドやジュエリーも例外ではありません。

先ほどもご説明した通り、日本で販売されるダイヤモンドは100%が海外からの輸入品であるため、円安が価格相場に影響してしまうのです。

2023年4月には1ドルあたり135円にまで円の価値が下落しており、ダイヤモンドのさらなる高騰が見込まれます。

ジュエリーリフォームという手もある

世界情勢や為替相場などを背景に値段の高騰が止まらないダイヤモンドジュエリー。

新しいダイヤモンドのジュエリーが欲しくても、予算内では好みのデザインが見つからない……ということもあるかもしれません。

そこでおすすめなのがジュエリーリフォーム

ジュエリーリフォームとは、お手持ちのジュエリーや宝石を新たなデザインに仕立て直すサービスです。

近年、ジュエリーも新しく買うのではなく<strong>「持っているジュエリーの形を変えながら大切に使う」というサステナブルな考えが広がっています。

ジュエリーリフォームなら、チェーンが切れたネックレスやサイズの合わない指輪といった使えなくなったジュエリーももう一度輝かせることができます。

ここからは、ジュエリーリフォームの特徴や魅力についてご紹介いたします。

ジュエリーリフォームのメリット

お手持ちのジュエリーや宝石に新しい命を吹き込むジュエリーリフォームには、以下のようなメリットがあります。

ダイヤモンドを受け継いでジュエリーが作れる

新品を購入するより安い価格で制作できることも

オーダーメイドならデザインの幅は無限大

ダイヤモンドを受け継いでジュエリーが作れる

ジュエリーリフォームなら、ダイヤモンドをはじめとするお手持ちの宝石を受け継いだ新しいジュエリーを制作できます。

大切なジュエリーだからこそ仕舞っておくのではなく、リフォームを施してさらにおしゃれに生まれ変わらせるのがおすすめです。

新品の購入より安い価格で制作できることもある

先述の通りダイヤモンドは非常に価格相場が高騰しているため、新品のダイヤモンドジュエリーはどんどん値上がりしているのが現状です。

ジュエリーリフォームなら、お手持ちのダイヤモンドを活用して新しくジュエリーを仕立て直します。

そのため、ダイヤモンドジュエリーを新たに購入するよりもはるかに安い価格でオーダーできることも多いです。

オーダーメイドならデザインの幅は無限大

ジュエリーリフォームは大きく分けるとセミオーダーオーダーメイドの2種類に分けられます(詳しくは後述します)。

オーダーメイドのジュエリーリフォームはデザインから自由にオーダーできるため、自分の想いを詰め込んだ理想のジュエリーを制作することができます。

ジュエリーリフォームにはデメリットもある

ただし、ジュエリーリフォームにも一部ではデメリットも存在します。

リフォームを終えたジュエリーは、基本的には元の姿に戻すことはできません。

「リフォームしなければよかった……」と後悔してしまわないよう、制作前にサンプルやデザイン画をしっかり確認して、お店と齟齬が起こらないようにするのがおすすめです。

ジュエリーリフォームの価格相場

先ほど少しだけお話しましたが、ジュエリーリフォームは価格相場やオーダーの方法によって以下の2種類に分けることができます。

セレクトオーダー(セミオーダー)

<li>フルオーダー(オーダーメイド)</li>

セミオーダーとオーダーメイドのどちらにもメリットとデメリットが存在するため、それぞれをよく理解した上で自分に合ったリフォーム方法を選ぶことが大切です。

セレクトオーダー(セミオーダー)

価格相場

数万円~

制作期間

1ヵ月前後

ジュエリーリフォームの種類のひとつであるセレクトオーダー(セミオーダー)は、気軽にジュエリーリフォームを楽しみたい方におすすめの方法です。

店舗に用意されているサンプルやカタログデザインの中からお好きなデザインを選んでリフォームします。

比較的お手頃な費用でリフォームできる上、約1ヵ月前後という短期間でお仕立てできる点が魅力です。

ただし、店舗によっては選べるデザインの種類が少ないケースもあります。

フルオーダー(オーダーメイド)

価格相場

10万円前後~

制作期間

2~3ヵ月

フルオーダー(オーダーメイド)は、お手持ちの大切なジュエリーを自分だけのデザインにリフォームしたい方におすすめの方法です。

デザイナーによって描かれるオリジナルのデザイン画を、ジュエリーや宝石を熟知した職人が丁寧に形にします。

デザイン画から作成するため費用や制作期間は多少かかってしまいますが、価格や時間に見合った世界にひとつだけの一生もののジュエリーを作ることができます。

ただし、店舗によってはオーダーメイドのジュエリーリフォームは承っていないところもあります。

ダイヤモンドの値段が高い理由には様々な要因がある

ここまで、ダイヤモンドの値段が高い理由や、ダイヤモンドの価格相場高騰について解説しました。

近年は、ダイヤモンドジュエリーを新たに購入するのではなく、お手持ちのダイヤモンドジュエリーのデザインを変えて楽しむジュエリーリフォームが注目を集めています。

ジュエリーリフォーム専門店「COCON」では、LINEやテレビ電話などのオンラインを活用してご自宅からジュエリーリフォームを楽しむことができます。

ジュエリーデザインはデザイナーによるオーダーメイドのため、自分の理想を詰め込んだ世界にひとつだけのジュエリーが制作できます。

オーダーメイドのジュエリーリフォームにご興味がある方は、是非一度、COCONにご相談ください。

運営会社 | COCON
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました